ebook land 自力・自費出版サイト





お問い合わせ






ダウンロード
タイトル 小説 ティベリウス (7)(ショウセツ ティベリウス (7))
サブタイトル ローマ帝国 孤高の守護神(ローマテイコク ココウノシュゴシン)
著者 深川 ひろみ(フカガワ ヒロミ)
ジャンル 文芸、歴史、小説
キーワード ローマ、古代ローマ、ローマ帝国、皇帝、アウグストゥス
ページ数 111
出版社 eブックランド社
予価(税込み) 0円
消費税 0円
ブックID EBLF7122507
フォーマット PDF
著者プロフィール
A型 魚座。
メーカー勤務。
8年間で4回の引越しという流浪の日々を経て、2005年、大阪の隅っこに落ち着く。
それを機に2匹の猫を迎え入れ、念願の猫まみれ生活を開始する。
2006年には近所で子猫を拾い、今は3匹の猫と暮らす。
筆者の心のオアシスである。
要約
気さくで庶民的な初代皇帝アウグストゥスの後を継いだのは、彼の継子で生粋の貴族、孤高の人ティベリウスだった。
帝政期に入ったばかりのローマ帝国を舞台に、2代目皇帝として帝国の統治に尽力した男の孤独な生涯を、彼を取り巻く様々な人々との交流を通して描く。(全7回)

《第7回》
最愛の息子を失ったティベリウスに残ったのは、誇りと責任感だけだった。それだけを支えに統治者としての義務を果たし続けるティベリウスが、ついに息子の死の真相を知る。

 

 

2004 e-Bookland,Inc. All right reserved. サイトポリシー このサイトについて